Japanese Speaking Parents Association of Children with Challenges

私達『手をつなぐ親の会』(JSPACC)は、ロスアンジェルスを拠点とし、障害を持つ子供達の、日本語を話す親たちが組織するサポートグループです。ロスアンジェルスの非営利福祉団体であるリトル東京サービスセンターの協力の下、1994年に再結成されました。 障害を取り巻くアメリカの法律やシステム、常識の違いを日本語で学びつつ、精神的にも支え合うことで、各親の自立をサポートしていくことを目的に活動しています。

Recent Updates

Information

6月例会のお知らせ 6/19

《6月例会のお知らせ》

『Self-Determination Program について話しましょう』
<役員会主催>

いよいよ今月6月から、
リージョナルセンターの全てのクライアントが、
SDP(Self-Determination Program)を利用できるようになりました!
ここ数年よく耳にするSelf-Determination Program、
皆さんの中でも「SDPって何?」「どんなサービスを得られる
の?」などなど疑問を抱いている方も多い事と思います。
そこで皆さんとの会話から学び情報を得られる
『Self-Determination Program について話しましょう』企画を
考えました!

日時:6月19日(土)午前10:00-12:00, Zoomにて

専門家会員の末田恵美さんからSDPの概要の説明も頂けます!
新しい選択肢が加わる事で、まずはSDPを把握して個人のニーズ
合わせたサービスを有効に利用できるように、日本語で皆さんと
共に情報収集をしましょう!

*Zoom IDとパスワードは、前日にMLにてお知らせします。

事前の参加受付は致しません。
会員の方はどなたでもご参加頂けます。
州外や日本の方も、お時間が許される方はご自由にご参加ください
会員限定ですので、カメラはオンでの参加をお願いします。

ご質問がある方は、
野口までお気軽に、ご連絡ください。
1218maminoguchi@gmail.com
818-282-0317(テキスト可)

皆様のご参加、お待ちしております。

役員会一同

Childcare

別室で行われる”チャイルドケアールーム”にお子さまを預けたい方は、MLにてチャイルドケア担当より連絡が行きますので、それに返信(お申し込み)ください。お預かりできるお子さまは、ボランテイアさんの人数によって制限がありますので、早めに申し込みください。原則として定員は15名とさせていただきます。 チャイルドケアー規約をお読みになり、合意された方は参加されて下さい。 なお、当日申し込みのないお子さまのお預かりは固くお断りいたします。

  • 初めてチャイルドケアーに預ける方、又はアップデートの必要な方は、 インフォメーションシートをプリントアウトして下さい。
  • インフォメーションシートに記入し写真を1枚添付して、受付のチャイルドケアー係員にお渡しください。

チャイルドケア規約改訂版

<strong>チャイルドケア規約</strong> <ol style="list-style-type: decimal; padding: 10px 25px; color: #444; /* line-height: 160%;"> <li>月例会時にお子様を預ける方は、9時30分月例会開始をスムーズに行うために、午前9時10分から9時20分までのチェックインを厳守して頂きます。又個人相談室等でお子様を預ける方は、決められた時間のチェックインを厳守して頂きます。</li> <li>お子様の担当ボランティアさんを確認し、直接、担当ボランティアさんへお子様を受け渡し、終了後も直接引き取って頂きます。</li> <li>チャイルドケアにお持ち頂く持ち物には、年齢、障がいの有無に関わらず、必ずお子様の名前を記入し、担当ボランティアさんに渡して頂きます。ステッカーが必要な方はお申し出ください。</li> <li>アレルギーや食事制限のあるお子様、またお子様によっては自分の物と他人の物の区別がつかない子もいますのでチャイルドケアルーム内での飲み物以外の飲食、持ち込みは原則禁止とします。(午後の役員会時チャイルドケアのスナックタイムを除く)</li> <li>チャイルドケアルーム内へのゲーム機の持ち込みは原則としてご遠慮いただきます。しかし年齢が大きいお子様でチャイルドケアルームのおもちゃで遊ばない子や、タブレット等を持っている事によりビヘイバーを軽減できる等の理由がある場合は申し込みの際にご相談ください。またコミュニケーションツール(ペック、Talker、タブレット等)を持ち込む必要のある場合も申し込みの際にお申し出ください。</li> <li>チャイルドケアは、障がい児とその兄弟姉妹を対象とし年齢制限はありません。</li> <li>事前に申し込みのないお子様は、原則として当日参加はお断りします。ただし、お預かりのお子様が定員に満たなく、又ボランティアさんの人数が足りている場合のみ、親同伴で入っていただく事やお子様だけでもお預かりする可能性はあります。</li> <li>定員に達している場合、親同伴でも当日参加はお断りします。(部屋の過密度により、てんかん、又は問題行動などの症状が出るお子様もいる為)</li> <li>病気の症状(咳、熱、鼻水、結膜炎などあらゆる感染症)があるお子様の参加はお断りします。</li> <li>チャイルドケアルームに入る際には受付に用意してあるHand Sanitizerで消毒、もしくは手を洗ってからの入室を守って頂きます。</li> <li>当日のお子様の問題行動(他の子供や物品への危害、奇声や騒音を出す行動、泣きやまない等)が続き、ボランティアさんが対応できない場合は、途中で親にピックアップしていただく可能性もある事を了承して頂きます。</li> <li>ボランティアさんの集まり状況により、責任持ってお子様をお預かり出来ないと判断した場合、参加をお断りする可能性もある事を了承して頂きます。</li> <li>お子様をお預かりする際、必ずインフォメーションシートと写真を提出していただき、そのアップデートは1年ごとにして頂きます。写真は、ボランティアさんに分かりやすい様に、親と一緒に写った物1枚とします。</li> <li>初回参加の際、必ず免責シートにサインをして頂きます。</li> <li>無断での写真撮影、個人を特定できる内容をブログ、フェイスブック等に掲載する事は禁止しております。</li> <li>ボランティアさんに個人的に連絡先等を聞く行為はご遠慮頂きます。</li> <li>月例会終了後は、速やかにお子様をピックアップして頂きます。スピーカーの方にご質問等ある場合は、 お子様をピックアップした後にお願い致します。</li> </ol> <p style="text-align: right;">2020年7月</p>

New Member

新規会員リスト