Japanese Speaking Parents Association of Children with Challenges

私達『手をつなぐ親の会』(JSPACC)は、ロスアンジェルスを拠点とし、障害を持つ子供達の、日本語を話す親たちが組織するサポートグループです。ロスアンジェルスの非営利福祉団体であるリトル東京サービスセンターの協力の下、1994年に再結成されました。 障害を取り巻くアメリカの法律やシステム、常識の違いを日本語で学びつつ、精神的にも支え合うことで、各親の自立をサポートしていくことを目的に活動しています。

Information

《7月年次総会のお知らせ》

<役員会担当>

日時:2016年7月9日(土)
10:00am-12:00pm (今年度は7月第2土曜日です。お間違えのないように。)

場所:立正佼成会(Rissho Kosei-kai Buddhist Center of Los Angeles)
2707 East First Street, Los Angeles CA 90033, USA

講師 : 尾上アキ

内容 : 「Musical Communication」

ミュー ジックは素晴らしいパワーを持っています。ミュージックは
どこの国でも通用するユニバーサル言語です。

"Music speaks louder than the word" と歌がある様に、言葉が不自由でも、
ミュージックを奏でる事で自己表現ができ、感情を伝える事が
出来ます。

音楽を分析する脳の回路と言語を分析する脳の回 路は同じで音楽を
取り入れる事により、言語障害を持つ人にも回復の兆しが見られる等、
驚くべきミュージックのパワーを実証する事実はあちらこちらで見られます。

障害児と呼ばれる子供たちは障害を持った体の中に閉じ込められ、自己表現が
思う様に出来ません。でも、ミュージックのパワーに助けられて言葉では
表現できない事を表現し、私たちに語りかけてくれます。
彼らは信じられない程の才能を秘め、純粋な心で私たち一般人が日々見過ごしている
素晴らしい物に目を 向けさせてくれます。もっともっと多くの人達に
ミュージックの持つ素晴らしいパワーを理解してもらい、日々の生活の
向上に役立てていただければと思っています。

当日は会場での実習でミュージックのマジカルパワーを皆さんにも体験して
いただきたいと思います。

講師の経歴 :

3歳からピアノを始め、あらゆる楽器と出合い、Beerklee College of Music で
音楽の勉強。その後、YMCAのMommy &Meでのミュージッククラスを始めとし、
Rhythm & Fun プログラムを立ち上げ、今でもYMCAで
多くの幼児達がそのプログラムを楽しんでいます。

ミュージカルグループのミュージカルディレクターとしてオーケストラを指揮し
、 バンドを編成して、年に7回の公演をこなす傍ら、ピアノや声楽のプライベートレッスンを
続けているうちに、生徒にダウン症や自閉症の子供たち、車イスでの生活を送る
スクローシスの大人達が加わる様になり、障害を持つ事の大変さだけでなく、
社会の彼らに対する理解があまりにも偏っている事を学ぶ。

何とかもっともっと一般の人々に、彼らの良さを理解してお互いの向上を図れる社会作りを
したいと願い、Musical Connection Through Inclusion として
非営利団体をを立ち上げHill Top Starsをコミュニティーの架け橋の
担い手として新たな活動を始めている。

7月は、2016-2017年度の年度始めですので、
一部: 年次総会、二部: 講師による音楽療法のデモンストレーションとなっております。

皆様にケーキとお茶もご用意させて頂きます。 皆様ふるってご参加ください。